darling drawing

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
2017

………2月…

なにがHappy New Yearなのかもう…

 

 

今までインフルエンザにかかったことがなかったのが自慢だったのですが、

今年ついにかかってしまいました、あんなにつらいんですね

もう今はだいぶ落ち着いてきましたが、

発症直後は体のことよりもまず精神的に弱って、

一時的に極端なくらいマイナス思考になったりしてびっくりしました

健康、だいじですね

 

ヤマザキマザック美術館での展示も残り1ヶ月になりました

はやい… でもまだ1ヶ月もある… 長い会期に感謝です

とてもとても、すてきな空間になっております

リピートしてくださるお客様もいらっしゃって、

ほんとうに、有り難い限りでございます ありがとうございます

今は売店での販売用に、ちいさい作品などをちまちまと描いております

ぜひぜひ、お近くにお立ち寄りの際はお越しくださいませ

 

 

ところで最近、Instagramをはじめました

実は登録だけは去年からしていたのですが、今年からはちゃんと活用していこうと思います

https://www.instagram.com/kawaimaim

よかったらごらんください(まだあんまり投稿できてませんが)

 

ますますこのblogの存在意義がよくわからなくなってきましたが、

こちらも気ままに、topに広告が表示されない程度には、更新していきたいと思います…

本年も、どうぞよろしくお願いいたします

| 17:34 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 河合真維 |
まにまに

まにまにのこと、ゆっくりできるときに思い返して書きとめておこうとおもっていたのに、

ゆっくりできる時間が意外と無く、もう公演から2ヶ月が過ぎてしまった…

 

公演当日、忙しかったり忘れていたりカメラの調子が悪かったりして、

恐ろしいことに写真も映像も一切撮れていなくて、

3日前、あらためて撮影をしました

せっかくスタジオも借りなおして撮るのだからと、

カメラマンのたかにゃんさんに相当なご協力をいただいて、

しっかり当日と同じセットをつくり、万全の体制で撮影に臨みました

 

かなり時間が経ってしまったから結構忘れてしまっていて、

台本を何度も読みなおしたりして、失敗しないかすごく心配だったのですが、

いざやってみると驚くほど勝手に手が動いていくので、

それだけちゃんと稽古を重ねていたのだなあと感心しました

2ヶ月前の本番同様にほぼミスもなく

ひとり舞台で50分間演技をし続けるぶんちんちゃんは桁違いにすごかった、、

 

 

まにまにという団体の中で絵をかくということ、

今まででいちばん創作活動を純粋に楽しめている感じがする

自分にないものをもった人たちの中で、

自分にしか出せないものをちゃんと出せるということ、

毎回が新鮮だということ、

みんなと、みんながつくるものが好きで、

自分がその中でとけこめているということ、

こんな幸福感はたぶん今までなかったものだと思う

 

わたしが河合真維として描くときと、

わたしがまにまにとして描くときとでは

イメージする脳みそがどこか違う気がしている

どっちも必要で、どちらに対してもいい影響を与えあっている気がする

もともとは、去年の夏にちょい役の役者として呼ばれたわたしが、

今こういう形でまにまにの一部になれていることがとても嬉しい

これからもずっと続けていきたいなあ

 

 

そういえばまにまにのグッズ、超かわいいです

「宇宙の底、雨にかくれる」のおはなしの本や、

朗読CDなどなど、いろんなグッズがあるのですが、

Webで購入できるのでぜひチェックしてみてくださいね

公演を見ていない方でも、十分たのしめる内容だと思います

http://manimanimani.jp/goods/

 

次回公演は今のところ春頃の予定です

ほかにもいろんな楽しい計画を話し合ったりもしているので、

その前にも何かやるかもです

どうぞよろしくお願いいたします

| 23:25 | 日記 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 河合真維 |
”宇宙の底、雨にかくれる” 終演いたしました

もうけっこうな時間が経ってしまってびっくりしていますが、

6月25日、まにまにによる”宇宙の底、雨にかくれる” 無事終演いたしました

 

思い入れも深く、客観的にもすてきな作品になったと思います

いろいろと書き留めておこうと思うことがあるのですが、

今私生活の方がちょっぴりばたばたしているので、

もうちょっと落ち着いてから、ゆっくりと振り返ろうかなあと思います

 

たくさんのご来場、誠にありがとうございました

これからも、まにまにとしての活動もつづけていきますので

今後とも、よろしくお願いいたします

 

 

上のイラストは作中に登場したぐるぐるまわるぶんちんちゃん

とってもおきにいりです

| 20:00 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 河合真維 |
さんかくのさかな


ここのところ、やることに追われていて、
わたしはあまり要領がよくないほうなので、よくウワ〜となりますが、
とても充実しているなあとも思います

6月の終わりに、なにやら楽しいことをします
詳細はおってお知らせしますね
| 21:41 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 河合真維 |
おはな

長いこと迷走していたけど、なにかを得てもといた場所にもどってきた気がする

近々また告知ができそうです
 
| 00:49 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 河合真維 |
ふわり


 
| 10:40 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 河合真維 |
初夏

ハーゲンダッツのショコラミント味、とてもおいしい… 
もう夏がくるのですね
 
| 19:15 | 日記 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 河合真維 |
春 新生活が始まりました

いろいろと良い縁があり、
毎日絵を描いたりデザインをしたりして暮らせています
今日は3月からはじめた仕事のひとつを無事終えることができて、
ほっと一息ついておりました


ただひたすら楽しい方向に向かっていくだけだと考えると、
なんてシンプルなんだろうと思います

学生の頃はいつも、
目的地が見えていないにもかかわらず妙に焦っていたのですが、
(悪いこととは思わないし、今も全くそうでないとは言い切れないけれど)
今は、やりたいと思うことひとつひとつを、
大切に、丁寧に消化していきたい
そのために、いろんな経験をして、
コツコツと力を身につけていきたいなあと思います

愛知はもう葉桜です
もうすぐつつじが咲きますね
| 20:16 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 河合真維 |
大学院を修了しました
愛知県立芸術大学という場所は、
6年間通い続けたわたしにとって、とても大きい存在です

さくら、たんぽぽ、つつじ、つばき、
猫のマガリ、山に住む動物や虫たち、
講義棟の窓のかたち、木陰が揺れる芸大坂、
アトリエの窓から見える、夕暮れ時の空の色
みんな美しく、いつも変わらずそばにいてくれました

卒展の搬出日の日 学校に残って、
生花をしている友達のもりかが学校から花器を持ち帰るため
花器の梱包をするのを手伝っていました
さっきまで誰かの笑い声が聞こえていたアトリエはいつのまにか静まり返っていて、
窓から差し込む夕暮れの光がほんとうにきれいで、
「まるで甚田くんが撮った映画のスクリーンをみているようだね」と言いながら
暗くなるまで電気をつけずに作業をしていました

わたしは、もりかがアトリエの1階で光に照らされながら、
ひとり静かに生花をしている姿を見るのが大好きでした
もりかが生けた花はいつも、野に咲く花以上にやさしい表情をしていて、
それをゆっくりとした動作でしあわせそうに生けるもりかの姿は、
県芸で見る景色の中で、いちばんきれいでした
あの景色がもう見られないと思うと、せつなさで胸がいっぱいになります

いやなことも、つらいこともいろいろあったはずなのに、
今心に描き出されるのはほんとうにいい思い出たちばかりで、
ここの大学にきてよかったと、心から思います
そして、わたしが絵を描いていた姿も、
誰かの記憶に残る、県芸の景色のひとつになれていたらいいな
| 00:51 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 河合真維 |
卒展、終了しました

卒業・修了制作展、1日をもちまして無事終了いたしました
大変恐縮ながら、優秀賞をいただきました
びっくりです そしてとても嬉しいです
応援してくださったすべてのみなさまに感謝いたします


最終日の朝、作品の前で恩師とお話をしました
「今後が非常に楽しみ」といつも通りのにこにこした笑顔で言ってくださり、
わたしは「絶対にやめません」と約束をしました
きっと、続けていれば成果はでるし、
期待に応えるのが一番の恩返しになるのではと思いました

わたしは学部の頃からひとりで勝手に突っ走るタイプだったのですが、
先生はそれに特に口出しすること無く、
いつもにこにこ見守っていてくださっていて、
わたしも何も言われないことに安心して制作に没頭していたのだけれど、
ほんとうは少しだけ淋しくもあったから、
最後にたくさん作品の話ができて、すごく嬉しかった


もうほんとうに最後なんだな、さびしいな、
でも、がんばります
ここからがスタートなのです
| 19:40 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 河合真維 |
| 1/3 | >>